luce

「luce」 210×297mm ballpointpen
 



個展|『Find the door...』(BeansCafe&Gallery片岡/谷六)2018.05.31-6.26Vol.2

Post image

2018年5月31日より6月26日まで開催の個展の記録Vol.2。Vol.1では展示概要と作品解説が主でしたが、それ以外のことについてはこちらでまとめます。|コラボメニュー個展の会場がカフェでもありましたので(BeansCafe&Gallery片岡 ※店舗公式Facebook)、展示期間限定でコラボメニューを考えて頂きました。photo by Tomoko Hirakata作品に様々な色がつかわれているところから、抹茶・きな粉・薄紅色の粉糖などで彩ったお団子のメニュー...

Read More

山王美術館|コレクション展2018「没後50年 藤田嗣治展」ただずっと、見つめていたい絵。

Post image

藤田嗣治の作品を初めて目にしたのは、美大在学中。2006年の生誕120年の展示の時でした。今でも図録とその展覧会のチラシを残してあります。(美術展チラシで残しているのはこれだけかも)しかも、大学の頃は洋画専攻だったので、課題でも見に行っていて、会期中に2回訪れていたはず。と、いうぐらい好きな画家なので、今年また大規模展覧会があることは知っていたのですが、今回知り合いの勧めで訪れたのは、もうひとつの「藤田嗣治...

Read More

画材について|制作に使用しているボールペン

Post image

制作に使用しているボールペンについて、こちらにまとめています。作品画像クリックで、作品のページもご覧いただけます。○三菱鉛筆uni-ball Signo 0.28mm (ユニボール シグノ超極細シリーズ)こちらが一番色数も多く、使い勝手の良いボールペンです。耐久性に優れ長期保存にも向いた顔料ゲルインク。8年以上前に制作した作品を見ても、描いた当初の発色そのままに残っています。難点は、色によってインクの出が悪くなりやすい...

Read More

個展|『Find the door...』(BeansCafe&Gallery片岡/谷六)2018.05.31-6.26Vol.1

Post image

2018年5月31日より6月26日まで開催の個展の記録です。今回はギャラリーカフェでの展示でしたので、全体はこんな雰囲気でした。お越しいただいた皆様、ありがとうございました。来訪が難しかった方も、写真で雰囲気など楽しんで下さい。例によって長くなりそうなので2回に分けます。この記事では主に展示風景と作品解説。Vol.2ではそのほか、コラボメニューや雑貨、冊子などについてまとめてます。以下、作品タイトルなどからそれぞ...

Read More

個展開催のご案内|「Find the door...」2018.5.31thu~6.26tue(Beans Cafe & Gallery 片岡)

Post image

その扉はひっそりと あなたのとなりに佇む。|開催概要|「もしも人々の感情や想念が行き着く世界があるとしたら・・・」そんな発想から[不思議の庭]に始まる"もうひとつの世界"を描いてきました。今回の個展では、構想と制作に約一年の時間を費やしてその世界の入口となる「扉」を描いた最新作や、より抽象的な表現でその世界までの中間地点や人々の想いを形にした新作も多数発表致します。そのほか、過去の作品もあわせて展示予定です。...

Read More