イノダコーヒー清水支店|モーニングと紅梅と。うつくしい京の朝。

連休に入る前の金曜に休みをとって、母と妹と京都観光に出掛けてきました。

地元静岡に住む母、東京に住む妹、大阪の私と、全員ばらばらの場所からまずは京都駅に集合。

そしてはじめに向かったのが、イノダコーヒー清水支店です。

イノダコーヒー清水支店正面

ちょうど清水寺へむかう道が交差した(ひとつは三年坂だったかな・・・)場所にあって、午後のお茶の時間には観光客で賑わうお店でもあります。

家族で以前にお茶の時間に入ったことはあったのですが、今回のお目当ては「モーニング」です。
母曰く「一人でもこのためだけに京都に来てもいい」のだそうで。笑

3連休の前日ということでお休みをとっている人も多かったのか、京都にむかう新幹線は一杯だったようで、京都駅も清水寺周辺も既に観光客が多い印象でした。

予約も何もしていなかったけど、入れるかしら?と不安になったのも束の間、店内はお客様がちらほら・・・といった感じで拍子抜けです。

平日の朝は意外と狙い目なのかも・・・と、「今度は一人で来ちゃおうかな」なんてうきうきしていました。


1489752254787.jpg


母は「京の朝食」という、モーニングなのに1300円というちょっといいランチ並みの価格のメニューを注文。
私と妹は、「フレンチトースト」と飲み物のセットを注文することに。(こちらは1000円程度だったかと)

「京の朝食」は流石イノダコーヒーさん。お値段相当の内容。
ホテルのバイキングみたいな感じですね。
珈琲もあるんですが、それプラスオレンジジュースもついてきてたのには驚き。
写真以上に、卵や野菜も盛り沢山で、私と妹が分けてもらえるくらい。

IMG_20170317_212058_632.jpg

私が頼んだ「フレンチトースト」はといいますと、
フレンチトーストというより、「揚げパン」でした。
白いのはお砂糖。
(かなりたっぷりの砂糖だったので、ちょっとよけちゃいました)

身体にはあんまりよろしくないメニューですね。笑

揚げているだけあって、ジューシーな食感でありながら、フレンチトーストならではの卵感もあり、不思議な味でした。

今回は、母から野菜を少しもらって一緒に食べたので良かったんですけど、これ単体だと揚げもの苦手な方や朝あまり食べられない方は胸やけ注意です。

見た目はかわいいんですけどね。


イノダコーヒー清水支店外観

そして、清水支店一番の魅力は、店内から眺めるお庭の風景。

お店の壁面に、かなり大きな一枚ガラスがはめ込まれていて、店内でお茶や食事をしながら外の風景を楽しめます。

紅梅がまだ蕾ではあったものの、店内から眺めると絵画作品を見ているような感覚にも似て、綺麗でした。

店の中から写真も撮ってみたんですが、やはりここでの風景は「目で直接見る」のが美しいなと思ったので、ブログには載せないことに。

今回京都へ行って思ったことがひとつあって、
ちょうど各地で梅が見頃だったんですが、みんな写真を撮ろうとスマホをかざしている姿が異様だなぁと。

そういう私も、初めは写真におさめようとしてみたのですが、カメラ越しに見ると直接見るよりなんだか汚いなという気がして、「自分の目で見て楽しむ」という風に途中から切替。

SNSが普及して、インスタグラムなんかも今流行っているから、余計に写真を撮ることに意識がいってしまうんでしょうね。

記録や思い出として残すために所々で撮る、くらいがちょうど良いんではないでしょうか。


うつくしい京の朝を楽しみに、またお出掛けしたいものです。


――――――――
イノダコーヒー清水支店
〒605-0862
京都市東山区清水3-334
TEL 075-532-5700(FAX共通)
営業時間 9:00~17:00(無休)

※モーニングは11:00迄
スポンサーサイト

テーマ : カフェ
ジャンル : グルメ

2017-03-20 : KYOTO-京都いいとこ。 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

春の予感と、神社リフレッシュのすすめ。

3月に入って、いまだに真冬のような寒さの日があったり、急にぽかぽか陽気の日があったりと、空模様は忙しそうです。

私もなんだか2月の末から体調を崩したり、普段つかわない気を遣う日々が続いたり、ちょっと自分の許容量を超えることをいっぺんにしようとしてしまって、先週の中ごろから「疲れているなぁ」という自覚が。

夜は早めに寝て睡眠をとって、それでも疲労感が残っていたので、昨日は制作をするのはあきらめて近所へお散歩に出掛けることに。


ちょっとしんどいな、疲れたな・・・

という時になんとなく、「神社にいこう」という想いがふっと湧いてきます。

それで、引っ越してきてからまだ一度も挨拶に行っていなかった、近所にある神社へ向かいました。



隣接した公園で、梅の花がちょうど咲いていたのでパシャリ。

明るくて画面が全然見えない状態で撮影したら、おもいのほか幻想的な仕上がりに。

ようやく春めいてきたのかな・・・?なんて感じながら境内へと歩みを進めます。

お参りをするときに、さて何をお祈りしたらよいだろう?と考えて、ふと気付きます。


あ、明日はそういえば祖母の五十日祭(四十九日の神道版という感じ)だったっけ。


1月の末に亡くなった祖母がお墓に入る前日だということを思い出して、「神社やし、なんとなく繋がってるかな?」と、「明日はおばあちゃんをよろしくお願いします」と心の中でお伝えしておきました。

前に読んだ神社の本にも、「ネットワークでつながっている」というような記載があったので、信じてみようかなと。


IMG_20170311_150251_696.jpg


神社は、以前までは「パワースポット」と言われるようなメジャーなところに旅行もかねて行くことが多かった私。

それが最近は、近くにある神社へ行って、「椅子に座ってぼーっと休憩する」ということが増えてきました。

有名な神社でなければ人も少ないし、静かにゆっくり ぼんやり出来て、カフェなどに一人で行くのとはまた違う意味でリフレッシュできるように感じます。

何故かな?と考えた時に、「木」の存在は大きいかもしれないということに気が付きます。

神社って(お寺もそうかな)木々が生い茂っていて、緑が多いのですよね。
場所によってはご神木があったり、立派な樹木に巡り会う事も珍しくありません。

で、なんとなく木が沢山ある場所に行くと、気持ちがいいし、「浄化」されるような感覚があるなぁと思っていたら、本当にそういう効果が樹木にはあるようで、木々が発している物質にはリラックス効果や殺菌効果があるんだそうです。
(参考:抜群のリラックス効果も。都会でもできる「木のある暮らし」


なので、「ちょっと疲れが溜まっているな」とか「今日はなにもしたくないな」というような日には、お散歩がてら近くの神社でのんびりしてみるのも、良いリフレッシュ法になりそう。

徒歩圏内に素敵な神社があって、よかった。

次に行くときは、ご朱印帳を持ってゆこうと思います。



テーマ : 季節を感じる
ジャンル : ライフ

2017-03-12 : 心地よい暮らし : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

不思議の庭シリーズ2017|『罠(わな)』

罠2017

――――――――
『罠(わな)』 
(A3ケント紙ボード ボールペン)


こちらも、2017年5月に開催の個展にてお披露目予定の作品。

今回の展示では、「蝶々」が鍵となる物語を展開してゆくことになります。

約0.3㎜のカラーボールペンが生み出す世界観。

「不思議の庭の物語」は、まだ始まったばかり。


関連作品
不思議の庭シリーズ2017|『通り雨』


にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

テーマ : イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

2017-03-12 : 作品:ボールペンイラスト : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

不思議の庭シリーズ2017|『通り雨』

通り雨2017

――――――――
『通り雨』
(A4ラシャボード ボールペン)


2017年5月に開催の個展にてお披露目予定の作品です。

2016年、デニムブランドのTONYBEE様とのコラボの際に生まれた「不思議の庭」の物語の世界観。
(連作6点『TONY in Wonder Garden』-トニーと不思議の庭の物語。(阪神梅田本店 第2回デニム博出展作品))

新しい「物語」と共にイラストを楽しんで頂ける空間を演出したいと考えています。

個展の詳しい日程・場所などはまたもう少し日が迫ってきましたらお知らせします。
(5月中旬~末頃迄・大阪での開催となります)


○関連記事
連作6点『TONY in Wonder Garden』-トニーと不思議の庭の物語。(阪神梅田本店 第2回デニム博出展作品)
イラストブック|『TONY in Wonder Garden』~トニーとふしぎの庭の物語。


にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

テーマ : イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

2017-03-08 : 作品:ボールペンイラスト : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

京都から、素敵な香りのお届けもの~オーダーメイドのフレグランス

大阪はぽかぽか陽気です。
大分日も長くなり、日差しは春のようですがまた寒の戻りがあるそうで・・・

季節の変わり目の移ろいやすい気候のように、
身体や心の調子もころころと落ち着かず、
さてどうしたものかと思っていました。

そんな時に、京都の友人から素敵なお届けものが。




実は美大時代の友人が今京都でアロマセラピストとして活動しており、
(ホームページにとびます→shiki-jitsu
パーソナルオーダーという形で、少し前にフレグランスミストを頼んでいたのです。

本当は彼女のもとで自分でオリジナルのフレグランス作りというのをやってみたかったのですが、いかんせん個展の準備に追われている今、なかなかまとまった時間がとれず・・・

そこで、メールにて簡単にヒアリングをうけて、好きな香りや苦手な香りがないか、気になる心や身体の不調は・・・?などを伝えたうえで調合してもらうことに。


DSC_1654.jpg

包みをあけて、香りをたしかめる前に嬉しかったのは、なんとオーダーした香りに「butterfly」と名前がつけられていたこと。

そして、こんな言葉が添えられていました。


しんとした静けさに佇む背中。

細い指を動かして、小さな紙の中に鮮やかな蝶を舞わせる。

呼吸とともに 蝶は美しい羽を広げる。



これを目にして、一人で「うぉーっ」とただただテンションが上がっていた私。笑

彼女の書く文章が前から素敵だなと思っていて、その言葉で絵を描く私の姿をイメージしてくれたのかなぁ・・・なんて思ったら、とても嬉しくなりました。


で、

肝心の香りはといいますと・・・



こんなにも自分にしっくりくる香りがこの世界に存在したのか!



と、感じずにはいられないというんでしょうか。
初めて香りを確かめているはずなのに、全然違和感なく受け入れられた自分が居て不思議でなりませんでした。

友人だからベタ褒めしてるんではないです、本当に。
お世辞抜きに、凄いと思ったからブログにも書いてます。

メールでのヒアリングの際、身体や心の不調以外に、実はもうひとつ伝えていたことがありました。

それは、

「私からこんな香りがしそう」というものにしてほしい。

という、友人とは言えなかなか無茶ぶりというか、、、
でも、彼女にならこういう言い方で伝わるんじゃないかなぁと思ったからこそ、お願いしたことでもあります。

本当にそのお願いどおり、というか、期待以上のものが出来上がったことに驚いていて、だから本当に嬉しかった。

「香り」でこんなに感動できるなんて、とても素敵なことだと思っています。


朝着替えるタイミングなどに頭上にスプレーして香りのシャワーを浴びてみたり、制作の前に空間にスプレーしてみたりと、早速活用しています。

とても香りが気に入ったので、またリピートしちゃおうかな・・・。


彼女の運営するshiki-jitsu(JR・地下鉄二条駅近く)では、今回のフレグランスのようなパーソナルオーダーのほか、アロマトリートメントの施術も受けられます。(これも良かった)

北大路の方ではワークショップも開催しているそうです。

京都観光のついで、というのも良いと思いますし、私のようにメールでオーダーをしてみるのもまた違った楽しみがあって良いですよ。(届くまでのドキドキ、わくわく感)

友人は本当に一人ひとりと丁寧に向き合って、心をこめて香りのイメージを膨らませるような人ですので、安心してお任せできるはず。


またどなたかが、自分だけのお気に入りの香りと出会えますように。

テーマ : **暮らしを楽しむ**
ジャンル : ライフ

2017-03-05 : 心地よい暮らし : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

藤原かおる(ふじこ)

Author:藤原かおる(ふじこ)
ボールペンイラスト作家。
独自に編み出した、重なりあう線による表現。

美術展の記録としても活用。
その他日々のこと、思うことについて語ります。

<作品に関する問合せ・連絡先>

メールフォームよりご連絡頂くか、Facebook、Twitter等SNSのメッセージにてお問い合わせ下さい。
ワークショップ企画やオーダー制作も承ります。



作品

プロフィール

ボールペン塗り絵


オーダー制作

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Twitter/Instagram

ブログ更新状況、 日々思うこと、 マイペースにつぶやきます。


○Instagram

制作過程や日常風景のほか、カフェ写真も多め。


Instagram

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム